information

■LIVE SCHEDULE

LIVE SCHEDULE

 

2016.2.20 Sound Stream sakura(中島亮ソロ出演)

  • open 18:00 / start 18:30
  • ticket ¥2000(+drink charge)
  • act|いっきゅう / YOSHIHIRO / 平間やすお / 葉月ゆか  / 渡邉せん / 中島亮(crownshop)

=========

 

 

 

 

■TICKET

TICKET

 

前売チケットご予約希望の方はこちらからお願いします。

  • 前売チケットの価格は公演日によって変わります。ご確認ください。
  • チケットの受け渡しおよびお支払いはライブ当日会場にて承ります。ご予約名を受付スタッフまでお申し出ください。
  • 会場によってチケット代金のほかにドリンク代がかかります。あらかじめご了承ください。
  • キャンセル料などはいっさいかかりません。
  • 出演予定時刻や終演予定時刻などご不明点がございましたら通信欄にご記入ください。
  • ご予約完了後に折り返しメールにてご予約内容を返信いたします。
  • ドメイン指定受信を設定している方は、【@crownshop.jp】を設定して下さい。

■NEWSLETTER

NEWSLETTER

登録いただいたメールアドレスにcrownshopの情報をお送りします。

crownshopの最新情報や急遽決まった情報など、いちはやく知りたい方は是非ご登録ください。

 

登録・解除はこちらから

  • NEWSLETTERの登録は無料になります。
  • ドメイン指定受信を設定している方は、【@crownshop.jp】を設定して下さい。
  • 受信メールアドレスを変更されたい方は、いったん解除して再登録してください。

■CONTACT

CONTACT

 

ライブやイベントへの出演依頼、メールでのお問い合わせはこちらまで

メールはこちらへ

information

■LIVE SCHEDULE

2016.2.20 Sound Stream sakura(中島亮ソロ出演)

  • open 18:00 / start 18:30
  • ticket ¥2000(+drink charge)
  • act|いっきゅう / YOSHIHIRO / 平間やすお / 葉月ゆか  / 渡邉せん / 中島亮(crownshop)

=========

 

 

 

 

■TICKET

前売チケットご予約希望の方はこちらからお願いします。

  • 前売チケットの価格は公演日によって変わります。ご確認ください。
  • チケットの受け渡しおよびお支払いはライブ当日会場にて承ります。ご予約名を受付スタッフまでお申し出ください。
  • 会場によってチケット代金のほかにドリンク代がかかります。あらかじめご了承ください。
  • キャンセル料などはいっさいかかりません。
  • 出演予定時刻や終演予定時刻などご不明点がございましたら通信欄にご記入ください。
  • ご予約完了後に折り返しメールにてご予約内容を返信いたします。
  • ドメイン指定受信を設定している方は、【@crownshop.jp】を設定して下さい。

■NEWSLETTER

登録いただいたメールアドレスにcrownshopの情報をお送りします。

crownshopの最新情報や急遽決まった情報など、いちはやく知りたい方は是非ご登録ください。

 

登録・解除はこちらから

  • NEWSLETTERの登録は無料になります。
  • ドメイン指定受信を設定している方は、【@crownshop.jp】を設定して下さい。
  • 受信メールアドレスを変更されたい方は、いったん解除して再登録してください。

■CONTACT

ライブやイベントへの出演依頼、メールでのお問い合わせはこちらまで

メールはこちらへ

information

■LIVE SCHEDULE

2016.2.20 Sound Stream sakura(中島亮ソロ出演)

  • open 18:00 / start 18:30
  • ticket ¥2000(+drink charge)
  • act|いっきゅう / YOSHIHIRO / 平間やすお / 葉月ゆか  / 渡邉せん / 中島亮(crownshop)

=========

■TICKET

前売チケットご予約希望の方はこちらからお願いします。

  • 前売チケットの価格は公演日によって変わります。ご確認ください。
  • チケットの受け渡しおよびお支払いはライブ当日会場にて承ります。ご予約名を受付スタッフまでお申し出ください。
  • 会場によってチケット代金のほかにドリンク代がかかります。あらかじめご了承ください。
  • キャンセル料などはいっさいかかりません。
  • 出演予定時刻や終演予定時刻などご不明点がございましたら通信欄にご記入ください。
  • ご予約完了後に折り返しメールにてご予約内容を返信いたします。
  • ドメイン指定受信を設定している方は、【@crownshop.jp】を設定して下さい。

■NEWSLETTER

登録いただいたメールアドレスにcrownshopの情報をお送りします。

crownshopの最新情報や急遽決まった情報など、いちはやく知りたい方は是非ご登録ください。

 

登録・解除はこちらから

  • NEWSLETTERの登録は無料になります。
  • ドメイン指定受信を設定している方は、【@crownshop.jp】を設定して下さい。
  • 受信メールアドレスを変更されたい方は、いったん解除して再登録してください。

■CONTACT

ライブやイベントへの出演依頼、メールでのお問い合わせはこちらまで

メールはこちらへ

discography

1st single Hello

2014.2.19 リリース

中島亮によるセルフライナーノーツ

1Hello

この曲の仮タイトルは「カーリーレイジェブセン」。要はものすごいポップな曲ってイメージでつけた。その名の下アレンジを仕上げていった。最初サビのメロディはもっと複雑だったかもな。シンプルにリフレインするフレーズや歌詞にしたくって、何度も何度も書き換えて歌詞書くときにHelloって言葉と同時にあのメロディが生まれた。あとはギターソロの抜けの部分はいい感じに高揚していく感じが出せて満足している。このアイディアはトイレで思いついた。トイレとかお風呂とかふっとアイディアが降ってくることが多いんだよ(笑)

 

2星のうた
シングルの2曲目にバラードを入れたいってところから選ばれた曲。最初に出来た歌詞は男女の別れをテーマにした曲だった。でもなんだかちょっとしっくりこなかったんだ。こればっかりは直感によるところが多いんだけど。そこでもっと違うことで書けないかメンバーからもアイディアを出しあって1コーラス書き上げた。そこからイメージがだんだんと膨らんでいって、祈りや願いを込めて今までにない叙情的な歌詞になった。

 

3answer
イントロのギターフレーズから一気に書き上げた曲。閉塞的な景色からだんだんと広がっていく歌詞が曲の雰囲気ともリンクして、crownshopの新たなロックナンバーになったと思う。タイトルのanswerはうっちーの案。タイトルが決まってからCメロの追っかけコーラスパートは生まれた。ロックの基本は8ビート。ドラムとベースのコンビネーションでぐいぐい来る感じがしっかり出てるのが自慢だね。レコーディングはドラムから録るんだけど、その上がってきたテイクを聞いたとき、新しいサウンドの予感がその時からあったね。ちなみにギターソロの今にもちぎれそうな音はvoxの4wのミニアンプをフルテンにして録ったんだ。いい感じでしょ?

2nd mini album Relation

Relations|crownshop

2012.12.12リリース

中島亮によるセルフライナーノーツ

1 ターミナル

なかなかアレンジが定まらなかった曲で一番最後に録った曲。もともとBメロがなくて、最後にAメロとサビの間にインサートする形でようやく完成した。大事に大事に育った曲って感じかな。数ある曲の中で一番アレンジに時間がかかったかもしれない。基本的に(微妙に変化していくんだけど)A-B-サビとずっと同じコードの繰り返しだけでメロディを作ってるのはここだけの自慢だ。歌詞に関してはサビの4つ打ちのイメージだけはずっと変わらなくて、そこから俺は電車のイメージが湧いてきた。それをうっちーに相談したら、メロディがちょっと切ない感じだから遠距離恋愛してるカップルが電車で離ればなれになるのはどう?っていうヒントをくれた。そっからは早かった。ちなみにその時点でまだBメロはなかった。ホントに最後の最後だったんだ。でもしっかりアルバムの一曲目にふさわしい名曲になった。あきらめなくてよかったよ(笑)

 

2 Go for it!

ギターリフ、うなるベース、刻むドラムス。すなわちロックンロールの基本だね。俺らのポジティブなパワーが爆発している。とことんやろうぜ!って力強く背中を押すような、そういう曲。ギターアンプは最大に歪ませて爆音で録った。実はサビのコーラスは3声になっていてその効果でサビがより重厚なサウンドに仕上がってる。ライブでもしっかりやりますよ?ちなみにタイトルのGo for it!は「頑張れ」って励ますときの言葉。だから頑張れ、負けんな、信じた道を突き進め!

 

3 JET STREAM

仮タイトルの時からJET STREAMだったと思う。がっつが加入して一番最初に作った曲。歌詞に出てくる一筋の雲とは飛んでいく飛行機の軌跡のこと。自分の軌跡と比べればまるで違うものだけど、未来に軌跡は描けないことは同じ。今、ここから続いていく未来は誰のものでもない自分だけのもの。歌詞は高村光太郎の道程にインスパイアされて書いたもの。サウンドでは勇ましく力強いロックバラードに仕上がって満足だ。ピアノはたまに弾くけどレコーディングは初めてで、俺らは半音下げのチューニングだからコードを覚えるのが大変だったな(笑)

 

4 グローリー

選曲後マスタリングの直前までアルバム一曲目の予定だった。会議の結果、ターミナルにその座を明け渡してしまったけれどその輝きは変わらない(笑)曲は去年の終わりくらいに出来てて、なかなか歌詞のイメージが湧いてこなかったんだけど、今年の正月に箱根路を走る山の神と謳われた彼を見てバーッと書いて仕上がった曲。自分を超えられるのは自分しかいない、彼の走る姿を見ていたら、俺はそう思わずにはいられなかったんだ。

 

5 Darlin'

ライブでも定番のこの曲。俺と彼女との関係に口を突っ込まないでくれないか?いつの時代にもいるんだな。俺は昼ドラの中だけだと思っていたよ(笑)当時、感情に任せて一気に書いたのを覚えてる。結果、その子と引き換えに名曲が完成した。俺はミュージシャン、それでいいのだ(泣)コードはジミヘンだけど仮タイトルはビートルズ。3声コーラスがバツグンに気持ちいい曲。コーラスワークはCROWNSHOPの武器だからね!最後に登場するハンドクラップはライブでみんなが演奏するパートだからよろしく頼むよ!

1st mini album Public

Public|crownshop

2012.6.6リリース

中島亮によるセルフライナーノーツ

1 smile

恋人同士ってのはいっつもそばにいられないからこそ相手のことを思ったりするもんだ。この曲ではそういう二人の心の距離を歌ってる。会えないからって寂しい顔しないでほしいんだ。心配すんなよ、ずっと一緒にいるから。ライブではコールアンドレスポンスが定着してる。みんながワクワクしてこの曲のイントロを待ってるのが伝わってくる。

 

2 オンディ

そもそもこの曲は一音高いキーでAのキーだった。サビはDメジャー7、その次のコードがE7onD。このonDから仮タイトルが『オンディ』に決まった。当時のドラムがこれを気に入って「オンディっていうすげぇ美人な金髪で青い目の外国人の名前でさー、その子に片想いする歌にしちゃえば?」っていうことで出来上がった曲(笑)シンプルなロックンロールナンバーでベースのがっつがなかなかいい仕事をしてくれた。ライブでも盛り上がる一曲。

 

3 shooting star

仮タイトルは『花火』。なかなかアレンジ固まらなくて、それまではちょっとハネのビートでギターはずっとコード弾きだった。アレンジしていくうちにギターのアルペジオだったり、歌詞も花火の散っていく様を想像して書いていくうちにシューティングスターっていうフレーズが出て来たりして、その二つがうまいこと合致してからはどんどん決まっていったのを覚えてる。届きそうで届かなかった恋の歌。16ビートのR&Bの要素を取り入れてクラウンショップなりに料理してみた。この曲は体を左右に揺らしながら聞いてほしいんだ。そうそう、R&Bのあのノリでね。

 

4 未来航路

ディレイっていうやまびこの効果(カラオケで言うエコー)の得られるエフェクターがあるんだけど、それで遊んでたらこの印象的なギターのリフが生まれた。波の音みたいでしょ?だから大好きなパイレーツオブカリビアンのイメージで書いていたんだけど、なんかワンピースっぽいねってなっちゃったのはここだけの話(笑)ちなみに俺はワンピース読んだ事ない。今勉強中です。。ドラムのうっちーがニコロビンみたいになる曲。(勉強してるアピール。)
曲のことで言えば、Cメロは荒れ狂う海原を、エンディングのキラキラしたギターは水面に反射する朝日や群れをなして飛び交う海鳥の鳴き声のイメージ。みんななら言わなくたって見えてるよね?

 

5 君を想う

実はこの5曲の中で一番古い曲。21とか22の時かな?当時付き合ってた彼女が私の曲は作ってくれないの?ってことで書いたのがきっかけ。…って言ったら女子はキュンキュンしますか?どうなんでしょうか?(笑)
まぁ冗談はさておき、等身大のラブソングです。
メロディもいいし、これクラウンショップでやったらいい感じかもってことで再び日の目を見る事になった。クラウンショップの武器でもあるコーラスワークが存分にその威力を発揮してる。アコギはgibson J-45。19歳、初めてローンを組んで買ったギター。まさにJ-45の音って感じで録れた。ボーナストラック的な感じでアルバムの最後に持ってきてみた。

discography

1st single Hello

2014.2.19 リリース

中島亮によるセルフライナーノーツ

1Hello

この曲の仮タイトルは「カーリーレイジェブセン」。要はものすごいポップな曲ってイメージでつけた。その名の下アレンジを仕上げていった。最初サビのメロディはもっと複雑だったかもな。シンプルにリフレインするフレーズや歌詞にしたくって、何度も何度も書き換えて歌詞書くときにHelloって言葉と同時にあのメロディが生まれた。あとはギターソロの抜けの部分はいい感じに高揚していく感じが出せて満足している。このアイディアはトイレで思いついた。トイレとかお風呂とかふっとアイディアが降ってくることが多いんだよ(笑)

 

2星のうた
シングルの2曲目にバラードを入れたいってところから選ばれた曲。最初に出来た歌詞は男女の別れをテーマにした曲だった。でもなんだかちょっとしっくりこなかったんだ。こればっかりは直感によるところが多いんだけど。そこでもっと違うことで書けないかメンバーからもアイディアを出しあって1コーラス書き上げた。そこからイメージがだんだんと膨らんでいって、祈りや願いを込めて今までにない叙情的な歌詞になった。

 

3answer
イントロのギターフレーズから一気に書き上げた曲。閉塞的な景色からだんだんと広がっていく歌詞が曲の雰囲気ともリンクして、crownshopの新たなロックナンバーになったと思う。タイトルのanswerはうっちーの案。タイトルが決まってからCメロの追っかけコーラスパートは生まれた。ロックの基本は8ビート。ドラムとベースのコンビネーションでぐいぐい来る感じがしっかり出てるのが自慢だね。レコーディングはドラムから録るんだけど、その上がってきたテイクを聞いたとき、新しいサウンドの予感がその時からあったね。ちなみにギターソロの今にもちぎれそうな音はvoxの4wのミニアンプをフルテンにして録ったんだ。いい感じでしょ?

2nd mini album Relation

Relations|crownshop

2012.12.12リリース

中島亮によるセルフライナーノーツ

1 ターミナル

なかなかアレンジが定まらなかった曲で一番最後に録った曲。もともとBメロがなくて、最後にAメロとサビの間にインサートする形でようやく完成した。大事に大事に育った曲って感じかな。数ある曲の中で一番アレンジに時間がかかったかもしれない。基本的に(微妙に変化していくんだけど)A-B-サビとずっと同じコードの繰り返しだけでメロディを作ってるのはここだけの自慢だ。歌詞に関してはサビの4つ打ちのイメージだけはずっと変わらなくて、そこから俺は電車のイメージが湧いてきた。それをうっちーに相談したら、メロディがちょっと切ない感じだから遠距離恋愛してるカップルが電車で離ればなれになるのはどう?っていうヒントをくれた。そっからは早かった。ちなみにその時点でまだBメロはなかった。ホントに最後の最後だったんだ。でもしっかりアルバムの一曲目にふさわしい名曲になった。あきらめなくてよかったよ(笑)

 

2 Go for it!

ギターリフ、うなるベース、刻むドラムス。すなわちロックンロールの基本だね。俺らのポジティブなパワーが爆発している。とことんやろうぜ!って力強く背中を押すような、そういう曲。ギターアンプは最大に歪ませて爆音で録った。実はサビのコーラスは3声になっていてその効果でサビがより重厚なサウンドに仕上がってる。ライブでもしっかりやりますよ?ちなみにタイトルのGo for it!は「頑張れ」って励ますときの言葉。だから頑張れ、負けんな、信じた道を突き進め!

 

3 JET STREAM

仮タイトルの時からJET STREAMだったと思う。がっつが加入して一番最初に作った曲。歌詞に出てくる一筋の雲とは飛んでいく飛行機の軌跡のこと。自分の軌跡と比べればまるで違うものだけど、未来に軌跡は描けないことは同じ。今、ここから続いていく未来は誰のものでもない自分だけのもの。歌詞は高村光太郎の道程にインスパイアされて書いたもの。サウンドでは勇ましく力強いロックバラードに仕上がって満足だ。ピアノはたまに弾くけどレコーディングは初めてで、俺らは半音下げのチューニングだからコードを覚えるのが大変だったな(笑)

 

4 グローリー

選曲後マスタリングの直前までアルバム一曲目の予定だった。会議の結果、ターミナルにその座を明け渡してしまったけれどその輝きは変わらない(笑)曲は去年の終わりくらいに出来てて、なかなか歌詞のイメージが湧いてこなかったんだけど、今年の正月に箱根路を走る山の神と謳われた彼を見てバーッと書いて仕上がった曲。自分を超えられるのは自分しかいない、彼の走る姿を見ていたら、俺はそう思わずにはいられなかったんだ。

 

5 Darlin'

ライブでも定番のこの曲。俺と彼女との関係に口を突っ込まないでくれないか?いつの時代にもいるんだな。俺は昼ドラの中だけだと思っていたよ(笑)当時、感情に任せて一気に書いたのを覚えてる。結果、その子と引き換えに名曲が完成した。俺はミュージシャン、それでいいのだ(泣)コードはジミヘンだけど仮タイトルはビートルズ。3声コーラスがバツグンに気持ちいい曲。コーラスワークはCROWNSHOPの武器だからね!最後に登場するハンドクラップはライブでみんなが演奏するパートだからよろしく頼むよ!

1st mini album Public

Public|crownshop

2012.6.6リリース

中島亮によるセルフライナーノーツ

1 smile

恋人同士ってのはいっつもそばにいられないからこそ相手のことを思ったりするもんだ。この曲ではそういう二人の心の距離を歌ってる。会えないからって寂しい顔しないでほしいんだ。心配すんなよ、ずっと一緒にいるから。ライブではコールアンドレスポンスが定着してる。みんながワクワクしてこの曲のイントロを待ってるのが伝わってくる。

 

2 オンディ

そもそもこの曲は一音高いキーでAのキーだった。サビはDメジャー7、その次のコードがE7onD。このonDから仮タイトルが『オンディ』に決まった。当時のドラムがこれを気に入って「オンディっていうすげぇ美人な金髪で青い目の外国人の名前でさー、その子に片想いする歌にしちゃえば?」っていうことで出来上がった曲(笑)シンプルなロックンロールナンバーでベースのがっつがなかなかいい仕事をしてくれた。ライブでも盛り上がる一曲。

 

3 shooting star

仮タイトルは『花火』。なかなかアレンジ固まらなくて、それまではちょっとハネのビートでギターはずっとコード弾きだった。アレンジしていくうちにギターのアルペジオだったり、歌詞も花火の散っていく様を想像して書いていくうちにシューティングスターっていうフレーズが出て来たりして、その二つがうまいこと合致してからはどんどん決まっていったのを覚えてる。届きそうで届かなかった恋の歌。16ビートのR&Bの要素を取り入れてクラウンショップなりに料理してみた。この曲は体を左右に揺らしながら聞いてほしいんだ。そうそう、R&Bのあのノリでね。

 

4 未来航路

ディレイっていうやまびこの効果(カラオケで言うエコー)の得られるエフェクターがあるんだけど、それで遊んでたらこの印象的なギターのリフが生まれた。波の音みたいでしょ?だから大好きなパイレーツオブカリビアンのイメージで書いていたんだけど、なんかワンピースっぽいねってなっちゃったのはここだけの話(笑)ちなみに俺はワンピース読んだ事ない。今勉強中です。。ドラムのうっちーがニコロビンみたいになる曲。(勉強してるアピール。)
曲のことで言えば、Cメロは荒れ狂う海原を、エンディングのキラキラしたギターは水面に反射する朝日や群れをなして飛び交う海鳥の鳴き声のイメージ。みんななら言わなくたって見えてるよね?

 

5 君を想う

実はこの5曲の中で一番古い曲。21とか22の時かな?当時付き合ってた彼女が私の曲は作ってくれないの?ってことで書いたのがきっかけ。…って言ったら女子はキュンキュンしますか?どうなんでしょうか?(笑)
まぁ冗談はさておき、等身大のラブソングです。
メロディもいいし、これクラウンショップでやったらいい感じかもってことで再び日の目を見る事になった。クラウンショップの武器でもあるコーラスワークが存分にその威力を発揮してる。アコギはgibson J-45。19歳、初めてローンを組んで買ったギター。まさにJ-45の音って感じで録れた。ボーナストラック的な感じでアルバムの最後に持ってきてみた。

discography

1st single Hello

2014.2.19 リリース

中島亮によるセルフライナーノーツ

1Hello

この曲の仮タイトルは「カーリーレイジェブセン」。要はものすごいポップな曲ってイメージでつけた。その名の下アレンジを仕上げていった。最初サビのメロディはもっと複雑だったかもな。シンプルにリフレインするフレーズや歌詞にしたくって、何度も何度も書き換えて歌詞書くときにHelloって言葉と同時にあのメロディが生まれた。あとはギターソロの抜けの部分はいい感じに高揚していく感じが出せて満足している。このアイディアはトイレで思いついた。トイレとかお風呂とかふっとアイディアが降ってくることが多いんだよ(笑)

 

2星のうた
シングルの2曲目にバラードを入れたいってところから選ばれた曲。最初に出来た歌詞は男女の別れをテーマにした曲だった。でもなんだかちょっとしっくりこなかったんだ。こればっかりは直感によるところが多いんだけど。そこでもっと違うことで書けないかメンバーからもアイディアを出しあって1コーラス書き上げた。そこからイメージがだんだんと膨らんでいって、祈りや願いを込めて今までにない叙情的な歌詞になった。

 

3answer
イントロのギターフレーズから一気に書き上げた曲。閉塞的な景色からだんだんと広がっていく歌詞が曲の雰囲気ともリンクして、crownshopの新たなロックナンバーになったと思う。タイトルのanswerはうっちーの案。タイトルが決まってからCメロの追っかけコーラスパートは生まれた。ロックの基本は8ビート。ドラムとベースのコンビネーションでぐいぐい来る感じがしっかり出てるのが自慢だね。レコーディングはドラムから録るんだけど、その上がってきたテイクを聞いたとき、新しいサウンドの予感がその時からあったね。ちなみにギターソロの今にもちぎれそうな音はvoxの4wのミニアンプをフルテンにして録ったんだ。いい感じでしょ?

2nd mini album

Relation

Relations|crownshop

2012.12.12リリース

中島亮によるセルフライナーノーツ

1 ターミナル

なかなかアレンジが定まらなかった曲で一番最後に録った曲。もともとBメロがなくて、最後にAメロとサビの間にインサートする形でようやく完成した。大事に大事に育った曲って感じかな。数ある曲の中で一番アレンジに時間がかかったかもしれない。基本的に(微妙に変化していくんだけど)A-B-サビとずっと同じコードの繰り返しだけでメロディを作ってるのはここだけの自慢だ。歌詞に関してはサビの4つ打ちのイメージだけはずっと変わらなくて、そこから俺は電車のイメージが湧いてきた。それをうっちーに相談したら、メロディがちょっと切ない感じだから遠距離恋愛してるカップルが電車で離ればなれになるのはどう?っていうヒントをくれた。そっからは早かった。ちなみにその時点でまだBメロはなかった。ホントに最後の最後だったんだ。でもしっかりアルバムの一曲目にふさわしい名曲になった。あきらめなくてよかったよ(笑)

 

2 Go for it!

ギターリフ、うなるベース、刻むドラムス。すなわちロックンロールの基本だね。俺らのポジティブなパワーが爆発している。とことんやろうぜ!って力強く背中を押すような、そういう曲。ギターアンプは最大に歪ませて爆音で録った。実はサビのコーラスは3声になっていてその効果でサビがより重厚なサウンドに仕上がってる。ライブでもしっかりやりますよ?ちなみにタイトルのGo for it!は「頑張れ」って励ますときの言葉。だから頑張れ、負けんな、信じた道を突き進め!

 

3 JET STREAM

仮タイトルの時からJET STREAMだったと思う。がっつが加入して一番最初に作った曲。歌詞に出てくる一筋の雲とは飛んでいく飛行機の軌跡のこと。自分の軌跡と比べればまるで違うものだけど、未来に軌跡は描けないことは同じ。今、ここから続いていく未来は誰のものでもない自分だけのもの。歌詞は高村光太郎の道程にインスパイアされて書いたもの。サウンドでは勇ましく力強いロックバラードに仕上がって満足だ。ピアノはたまに弾くけどレコーディングは初めてで、俺らは半音下げのチューニングだからコードを覚えるのが大変だったな(笑)

 

4 グローリー

選曲後マスタリングの直前までアルバム一曲目の予定だった。会議の結果、ターミナルにその座を明け渡してしまったけれどその輝きは変わらない(笑)曲は去年の終わりくらいに出来てて、なかなか歌詞のイメージが湧いてこなかったんだけど、今年の正月に箱根路を走る山の神と謳われた彼を見てバーッと書いて仕上がった曲。自分を超えられるのは自分しかいない、彼の走る姿を見ていたら、俺はそう思わずにはいられなかったんだ。

 

5 Darlin'

ライブでも定番のこの曲。俺と彼女との関係に口を突っ込まないでくれないか?いつの時代にもいるんだな。俺は昼ドラの中だけだと思っていたよ(笑)当時、感情に任せて一気に書いたのを覚えてる。結果、その子と引き換えに名曲が完成した。俺はミュージシャン、それでいいのだ(泣)コードはジミヘンだけど仮タイトルはビートルズ。3声コーラスがバツグンに気持ちいい曲。コーラスワークはCROWNSHOPの武器だからね!最後に登場するハンドクラップはライブでみんなが演奏するパートだからよろしく頼むよ!

1st mini album

Public

Public|crownshop

2012.6.6リリース

中島亮によるセルフライナーノーツ

1 smile

恋人同士ってのはいっつもそばにいられないからこそ相手のことを思ったりするもんだ。この曲ではそういう二人の心の距離を歌ってる。会えないからって寂しい顔しないでほしいんだ。心配すんなよ、ずっと一緒にいるから。ライブではコールアンドレスポンスが定着してる。みんながワクワクしてこの曲のイントロを待ってるのが伝わってくる。

 

2 オンディ

そもそもこの曲は一音高いキーでAのキーだった。サビはDメジャー7、その次のコードがE7onD。このonDから仮タイトルが『オンディ』に決まった。当時のドラムがこれを気に入って「オンディっていうすげぇ美人な金髪で青い目の外国人の名前でさー、その子に片想いする歌にしちゃえば?」っていうことで出来上がった曲(笑)シンプルなロックンロールナンバーでベースのがっつがなかなかいい仕事をしてくれた。ライブでも盛り上がる一曲。

 

3 shooting star

仮タイトルは『花火』。なかなかアレンジ固まらなくて、それまではちょっとハネのビートでギターはずっとコード弾きだった。アレンジしていくうちにギターのアルペジオだったり、歌詞も花火の散っていく様を想像して書いていくうちにシューティングスターっていうフレーズが出て来たりして、その二つがうまいこと合致してからはどんどん決まっていったのを覚えてる。届きそうで届かなかった恋の歌。16ビートのR&Bの要素を取り入れてクラウンショップなりに料理してみた。この曲は体を左右に揺らしながら聞いてほしいんだ。そうそう、R&Bのあのノリでね。

 

4 未来航路

ディレイっていうやまびこの効果(カラオケで言うエコー)の得られるエフェクターがあるんだけど、それで遊んでたらこの印象的なギターのリフが生まれた。波の音みたいでしょ?だから大好きなパイレーツオブカリビアンのイメージで書いていたんだけど、なんかワンピースっぽいねってなっちゃったのはここだけの話(笑)ちなみに俺はワンピース読んだ事ない。今勉強中です。。ドラムのうっちーがニコロビンみたいになる曲。(勉強してるアピール。)
曲のことで言えば、Cメロは荒れ狂う海原を、エンディングのキラキラしたギターは水面に反射する朝日や群れをなして飛び交う海鳥の鳴き声のイメージ。みんななら言わなくたって見えてるよね?

 

5 君を想う

実はこの5曲の中で一番古い曲。21とか22の時かな?当時付き合ってた彼女が私の曲は作ってくれないの?ってことで書いたのがきっかけ。…って言ったら女子はキュンキュンしますか?どうなんでしょうか?(笑)
まぁ冗談はさておき、等身大のラブソングです。
メロディもいいし、これクラウンショップでやったらいい感じかもってことで再び日の目を見る事になった。クラウンショップの武器でもあるコーラスワークが存分にその威力を発揮してる。アコギはgibson J-45。19歳、初めてローンを組んで買ったギター。まさにJ-45の音って感じで録れた。ボーナストラック的な感じでアルバムの最後に持ってきてみた。

crownshop

official website

 

crownshop

official website

crownshop

official website

 

Welcome to the kingdom.They are back!

Welcome to the kingdom.They are back!

Welcome to the kingdom.They are back!

copylight ⓒ 2016 crownshop all rights reserved.